EDの症状改善が期待出来る、バイアグラとシアリスを比較してみました!

薬を持っている様子

日本国内で認可されているED治療薬は、数えるほどしか存在しません。その中でも、特に高い効果を発揮することで知られているものにバイアグラとシアリスの2つがあります。EDの症状を緩和することができる点に違いはありませんが、効果や副作用については大きく異なる点が存在しますので注意が必要です。

バイアグラとシアリスは、有効成分から異なります。バイアグラは、シルデナフィルという有効成分が使われていますが、シアリスにはタダラフィルという成分が使われています。バイアグラの有効成分の特徴は、即効性があって比較的短期間で効果を発揮する点です。持続性が存在しないかわりに、特定の期間では勃起補助の役割が大きいため時間を特定して使うことが可能です。実際に、バイアグラの服用のタイミングは性行為の1時間前で十分です。空腹期間を設ける必要がありますので、それを考慮して服用する必要がありますが、性行為のすぐ前に使って問題ありません。作用時間は、5時間程度とED治療薬の中では比較的短い時間です。

反対に、シアリスは性行為の3時間前に服用しなくてはいけないことになっています。これは、シアリスがバイアグラなどの即効性のある治療薬と比較して、有効成分が緩やかに効果を発揮するという特徴が存在するからです。長時間作用する性質がありますが、その作用はバイアグラほど短期的に大きくはなく緩やかに持続していきます。作用時間でも、シアリスは10mgの服用で20時間以上も発揮します。体質にもよりますが、用量を調整すると最長で36時間程度は持続すると考えられていますので、ED治療薬の中では最も長い効果を発揮できます。しかも、シアリスはバイアグラと異なって食事の影響を受けづらいという性質もあります。一定のカロリー数であるのならば問題ない程度の影響しか受けないので、事前の準備などについてもそれほど神経質になる必要はありません。

どちらのED治療薬に関しては、作用だけではなく副作用の現れ方にも違いがあります。バイアグラは、患者の9割近くの人に対して副作用が現れますが、シアリスの場合は全体の3割程度しか現れません。これも、有効成分の観点から身体的にどういった負担を強いるのかの違いが存在するからです。緩やかに効果を発揮する分、シアリスの方が副作用の現れ方も緩やかです。ED治療薬には、体質に合っているものとそうではないものがあります。選択する場合には、患者ごとに正しい診察が重要になります。