EDを疑うような症状が出始めた時は、一刻も早くお医者さんへ相談しよう!

薬を飲む男性

EDは、本人の努力だけではなかなか改善することができないものです。これは、表面上の身体的な原因か、それとも心に問題があるのかを判断しづらいからです。しかも、どちらが原因であったとしても機能不全が生じていることに違いはなく、通常とは異なる体の異常が生じている可能性も否定できません。ですから、できるだけ早い段階で医師に相談するのが賢明です。

EDは、一過性の病気ではなく一度発症すると放置していても元には戻らない症状です。問題なのは、これに加えて他の病気の影響が考えられるという点です。基本的に、男性機能の不全は身体的にも重い病状になったときに発生しやすい傾向があります。これは、そういった病気を治療するのに必要な医薬品の影響なども考えられるからです。他の病気を併発している場合には、必ずその病気との兼ね合いを考慮しなくてはいけません。

医学的な観点からも、50代以上でEDを発症させている人は動脈硬化の影響が大きい可能性があることがわかっています。EDの症状を医師に確認してもらうことで、結果的に他の病気の治療にも役立てることができる可能性は十分にあります。ただ、初めて病院に行って診察を行ってもらうときには、恥ずかしさが先行してしまう患者も数多く存在します。統計的なアンケート調査でも、ED患者の多くは自信の喪失に繋がってしまうことがわかっているため、そういった患者は積極的に来院することを恐れる傾向があります。しかし、これは完全な誤解です。病院で診察を行ってもらうときには、患者に最大限に配慮した方法が選択されます。

例えば、局部を必ず見せなくてはいけないわけではありません。EDの診察は、医師からの問診が中心に行われ、その後に医療機器を利用してどういった身体的な状態なのかをチェックしていきます。血圧や脈拍、場合によっては血液検査や尿検査を行って、最善の治療薬を処方します。つまり、医師や看護師を目の前にして局部を見せなくてはいけないことはほとんどありません。ですから、初心者でも安心して来院できます。また、実際に治療薬を利用する方法も全く面倒ではありません。EDを改善するための治療薬は、そのほとんどが即効性のあるものです。服用してから当日で効果を実感することが可能であるため、当日に性行為の約束をしていたとしても十分に効果を発揮できます。早期に問題を解決できるため、できるだけ早く医師に相談した方が得策です。