ED治療で処方される、バイアグラには症状を改善する効果が期待されています!

OKサインを出す男性

ED治療薬として世界で最も有名なものは、バイアグラと呼ばれるものです。バイアグラは、アメリカの会社で開発された世界で初めてのED治療薬です。日本で認可されたのも非常に早く、1999年には厚生労働省から認可を受けて販売が開始されていました。効果に関しても、勃起を補助する役割があるものとして日本だけではなく世界的にも受け入れられて、現在でも多くの人が愛用しています。実際に、国内の医療機関であるのならば簡単に処方してもらえます。

バイアグラの効果が高いのは、有効成分にシルデナフィルというものが利用されているからです。この有効成分が効果的なのは、勃起を阻害する物質の働きを抑制してくれる効果が存在するからです。勃起のメカニズムは非常に複雑で、少しの外的な要因でそのリズムが狂ってしまうほどです。

例えば、勃起の状態が継続的に続いてしまうと日常生活にも支障が生じてしまいます。そこで、人間の体内でこの勃起を鎮める役割として特定の酵素が存在します。これを、PDE-5といいます。男性は、性的な興奮や刺激が存在しないときには勃起が抑制された状態になります。これは、PDE-5が勃起しない状態に働いてくれているからです。勃起とそうではない状態をバランスよくとることで、男性の身体は効率的な状態を保つことができます。ところが、EDになっている人はこの勃起を抑えるPDE-5が優位になりやすい状況になっています。つまり、常に勃起を抑えるような働きが体の中で発生している背景があります。こういった、PDE-5の優位性を意図的に改善してくれるのがバイアグラの大きな役割です。

誤解をしてはならないのが、バイアグラは強制的に勃起を引き起こさせる治療薬ではないという点です。バイアグラを服用したとしても、その後に性的な刺激や興奮が存在しないと勃起をしません。パートナーが存在し、体と精神の気持ちを一致させることで初めて勃起を行うことができるようになります。その補助的な役割としてバイアグラが存在します。また、服用してから効果を実感できない患者については、その方法に注意をしなくてはいけません。バイアグラは、他の栄養分から受ける影響が強いので、実は食事の前後で服用することは好まれていません。食後、3時間程度の時間をあけてから服用する必要があります。有効成分の吸収の妨げになる行為は禁止されていますので、正しい使い方をすることが大切です。